スマートフォンサイトを表示する

 

【WEBコンサルタント】なりたい自分になるためにチャレンジさせてくれる場所

未経験者を積極的に育ててくれる風土

エスオーエルグループという企業は
どのような風土ですか。

僕は営業職で入社しました。元々僕は焼肉店で働いていたのですが、焼肉店では、副店長で、アルバイトの管理から、肉の仕込まで一通りのことを担当していました。
子供もでき、家族を支えていくために、収入アップしたかったことで、営業職で転職しようと決断した所に、エスオーエルの求人が目に飛び込んできました。ただ、営業は全くの未経験でしたので、とても不安でした。入社して驚いたのは、新卒の社員もさることながら、ほとんどのスタッフが、業界や、営業未経験でスタートしたということでした。これで、勇気がわきましたね。業界や営業未経験でも、積極的に育ててくれる風土がエスオーエルにはあり、安心して働ける要因だと僕は思いますね。

WEBデザイナー写真
写真

日常の中で人としての自分を磨いている

入社してからどのような
仕事への取り組みをしていますか。

僕は、社内でも社外でも、人として気に入っていただけるような自分を作るということを意識して生活しています。日常の中で、仕事にプラスになるような自分磨きというか、そういうことを意識していますね。やっぱり、営業って人と人が関わる仕事なので、そういうアナログというか、人の温度みたいなものって大切だとおもうんですよ。インターネットという最先端に関わっていても、人の思いやりや温もりを忘れない、そういうことが僕はとても大切だとおもっていますね。

写真

笑いを大切に。部署のムードメーカーとして。

現在の仕事での位置づけを教えてください。

僕は、営業部のなかで、次期責任者候補の一人として、新人教育も任されています。とても責任のあるポジションですから、気を抜けない大変さも当然ありますし、何と言っても営業部ですから、目標達成のために、ピリピリとしたムードってあるじゃないですか。そんななかで、自分は持ち前の明るさを生かして、ふっと笑いを巻き起こすような、ムードメーカー的な役割を担っていますね。笑いって人にとってとても大切なものだと思っています。(笑)

写真

まずはチャレンジへの一歩を

今後の仕事の目標を教えてください。

僕の目標は、所属するオフィスで責任者になることです。僕は家族が多いので、それだけ稼がなければならないということも、もちろんありますが、エスオーエルでは、「任せてみる主義」的な部分があるので、まず、そのポストを現実的に狙えるというのも大きいです。そして、責任あるポストにつくことによって、人間的にも大きく成長できると思うんですよ。月日だけは必ず過ぎていきますし、自分の子供も成長していく。そんな中で、何十年もかけてやっていくのではなくて、最短コースでどこまであがっていけるか、自分を試している最中です。
最後に、転職活動中の方にメッセージがあるのですが、エスオーエルは、なりたい自分になるためにチャレンジさせてくれる場所です。是非、一歩を踏み出してみてください!

他のインタービューを見る

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真