スマートフォンサイトを表示する

【一般事務】自分の頑張りやアイディアをどんどんカタチにしていけるというやりがい

信頼してもらえる事が勇気につながる

エスオーエルグループという企業は
どのような風土ですか。

短大を卒業して、学生時代からのアルバイトを数年続けていたのですが、あくまでアルバイトであったこともあり、正社員の職を探しました。自分にできる事は何かと考えたのですが、人を裏方からサポートするような仕事が合っていると思いました。それで事務職でのエスオーエルグループの求人を見て、「ここにしよう。」と決めました。他は面接を受けずに、一本で飛び込みました。面接は3回ありました。事務職という事もあり、応募も多いだろうなと。内心、受かるかどうか、とても不安でしたが、採用連絡がきたので、本当に嬉しかったのを覚えています。

初めての事務職で、失敗もありました。根っからの負けず嫌い(笑)の性格もあって、トイレに行って泣いた事もありました。怒られる事もありました。けど、大きな失敗をした時も、いつも必ず「大丈夫。必ずできるようになる。」と上司に励ましていただきました。

“許してくれる”ということ、「必ずできるようになる」と“励ましてくれる”ということ。厳しい中にも決して見放さないで成長を手伝ってくれる“安心感”が、私が感じているエスオーエルグループの風土です。

一般事務写真
写真

速く、正確に。良く気づき、良く動く。

入社してからどのような
仕事への取り組みをしていますか。

未経験からのスタートでしたので、本などで勉強しながら、ガムシャラに知識をつけて、一つ一つ仕事を覚えていきました。仕事ができるようになるに従って、1年くらいでどんどんお給料があがって、生活も楽になってきました。生活の不安がなくなると、今度は、“もっと自分が役に立つにはどうしたらいいか”をとても冷静に考えるようになりました。いつも気をつけているのは、“速く、正確に。”ということと、“良く気付き、良く動く。”ことです。速いだけでミスが多ければ事務としての信用は無くなりますし、正確でも遅ければ、生産性が悪く、プロとは言えません。また、周りの事、例えば散らかっているとか、汚れているとか、小さな事でも良く気づかなければ、オフィスを良好に保てませんし、仕事上での“気付き“も逃してしまいます。動きが鈍くなると、仕事のスピードまで下がってくるので、テキパキと動くように心がけています。

本当に頼りにされるチームを目指して

現在の仕事での位置づけを教えてください。

サブマネージャーというポジションです。今は3名の部下のリーダーとして、責任を負っています。とても頑張り屋の3人にお支えられて、本当に幸せ者だと思っています。また、このポジションを任せてくれた上司の期待に応えなければならないと思っています。

はじめの頃は毎日質問責めで、自分の仕事ができなくなるくらい大変でした(笑)。みんなが帰ってからやっと自分の仕事ができるみたいな(笑)。今はみんなが日々成長していっていますので、“本当に頼りになるチーム”だと他の拠点の人たちに思ってもらえるように、4人で、一生懸命頑張っています。

写真

複数拠点の事務スタッフの力になれるように

今後の仕事の目標を教えてください。

次はマネージャーを目指しています。最終的には、エスオーエルグループはいくつもの拠点がありますので、それぞれの拠点の事務スタッフを管轄するようなポジションを目指しています。また、エスオーエルグループは全国展開を進めていますので、新しいオフィスがオープンするときには、そこに行って新人の事務スタッフに仕事を教えたり。Skypeなんかを使って相談を聞いたり。飛行機であちこち飛び回って仕事をするような、ビジネスウーマンに憧れていましたので、これは実現したいですね。課題はまだまだ山積みですけど、もっともっとデキるようになって、収入面でも20代前半で月収35万を超える事を目指しています。

エスオーエルグループでは、まずはどんどん任せてくれるという社風がありますし、事務でも、やれば昇級したりと、モチベーションがあがる仕組みがあります。あと、結構自由です。残れとも言われないし、帰れとも強制されないので、やることさえしっかりやれば、良い意味で、自己責任な上で自由な環境があります。これから面接を考えられている方で、そういう風土の方があっているなという人には。是非、チャレンジのキッカケになれば、と思います。

他のインタービューを見る

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真