採用サイト|株式会社エスオーエルグループ

  爆発|エスオーエルグループ 採用サイト ブログ

2014.4.24

Thu

kkkk

爆発

日記

大塩 平八郎
(おおしお へいはちろう、1793年3月4日(寛政5年1月22日) – 1837年5月1日(天保8年3月27日))は、江戸時代後期の儒学者、大坂町奉行組与力。大塩平八郎の乱を起こした。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

 
大塩平八郎といえば、当時の江戸幕府に対する反乱である「大塩平八郎の乱」が有名ではないだろうか。
「天保の大飢饉」が起き、民衆を救うため自らの蔵書五万冊を全て売却、得た資金を持って救済に当たっていたが、これを奉行所は「売名行為」と言い出す始末。
駄目な大坂奉行所は大坂の窮状を省みず、豪商の北風家から購入した米を新将軍徳川家慶就任の儀式のため江戸へ廻送。
更にこのような情勢の下、利を求めて更に米の買い占めを図っていた豪商に対して平八郎らの怒りも募り、武装蜂起に備えて家財を売却、家族を離縁した上で、大砲などの火器や焙烙玉(爆薬)を整えた。
一揆の際の制圧のためとして私塾の師弟に軍事訓練を施し、豪商らに対して天誅を加えるべしと自らの門下生と近郷の農民に檄文を回し、金一朱と交換できる施行札を大坂市中と近在の村に配布し、決起の檄文で参加を呼びかける。
一方で、大坂町奉行所の不正、役人の汚職などを訴える手紙を書き上げ、これを江戸の幕閣に送っていた。新任の西町奉行堀利堅が東町奉行の跡部に挨拶に来る二月十九日を決起の日と決め、同日に両者を爆薬で襲撃、爆死させる計画を立てた。

 

 

 

 

もう、完全に倒す気マンマンである。爆薬だし。
結果として作戦は失敗。最後は火薬を使っての自決。儚すぎる。
調べてみると

 

 

・身長が217cm(ジャイアント馬場で209cm)
・魚の頭をかみ砕く(八つ当たりで)
・夕方には就寝、午前2時に起床(ニートのサイクル)
・自他共に厳しく、神経の張り詰めた生活を送る(他人想い)
・張り詰めた結果10日以上寝れなくて困る(他人想いすぎ)
・民衆のための大塩平八郎の乱だったが、無駄に民衆の家が燃えまくる(とにかく迷惑)

 

 

非常に頭が硬そうである。

 

 

 

 

話は変わるが、現在私の携帯電話は絶不調である。
突然の電源オフはもちろんの事、突然大音量で音楽が流れたり、突然カメラが立ち上がったり、まったく迷惑な話だ。
今朝も出勤のバスの車内、電波があるのにネットにつながらない。
試行錯誤を繰り返し、最終的にこの画面にたどり着いた。

 

 

大塩ワイファイ

 

 

 

没後170年余り。
時空を越え、作戦を変え
大塩平八郎は無線となって飛び交っていた。
恨みの矛先は奉行所ではなく民衆へと変わり
大塩平八郎のLANは続いていたのだ。

 

 

接続して爆発したり、家が燃えるくらいなら携帯電話は壊れたままでいいと思った。

カテゴリー

人気記事ランキング

知っておくと便利な「Javascript」基...

恋するフォーチューンクッキー...

始まりの季節...

仕事は楽しい!...

爆発...

最新エントリー

Congratulations(...
連休明け~...
こんにちは♪...
一般事務・営業事務・経理事務 ス...
チョコよりバニラ派!...

アーカイブ