採用サイト|株式会社エスオーエルグループ

  謹んで新年のお慶びを申し上げます|エスオーエルグループ 採用サイト ブログ

2015.1.1

Thu

R

謹んで新年のお慶びを申し上げます

日記

『世界の大偉業の大半は、もはやこれで絶望かと思われた時にも、なお仕事をやり遂げた人々の手によって、成し遂げられた。』

 

” デール・カーネギー ”

 

 

平成27年元旦

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 

昨年は大変お世話になりました。
本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

2015は重要な節目の年。
変化の年となります。

 

”変化” の時、
平時には起きなかった化学変化が人には起こってきます。

 

人にはそれぞれ、許容量のようなものがあり、一定のストレスにさらされた時に、変化が現れます。

 

①今置かれている環境に対し、前向きにどうしたら良いかを考え、ものごとを前進させ、環境を良くしようとする。
②前進できないことを、環境のせいととらえ、足を止め、環境が改善されるまで前進することを止める。
③全ては自分を取り巻く環境が悪いととらえ、前進そのものをあきらめ、環境を変えようと考えるようになる。

 

絶対ではありませんが、②のように、足を止めてしまうと、自分を取り巻く環境は、悪い方向に進んでしまうケースが多いように思います。

 

また、③のように、自分を取り巻く状況を、環境のせいととらえるパターンの場合、環境を変えても、常にまた何かが起きると環境を変えることを繰り返してしまうケースが多いように思います。

 

環境は自分自身が作り出していくモノであると考え、自分が積極的に良くしていこうと行動していくことの積み重ねが、
適切な環境の中で日々を送れるようになるのではないか、というように思います。

 

ホリエモンの経営していた会社も、オン・ザ・エッヂからライブドア、そして上場と、
”変化” していく過程で、様々な化学変化がスタッフに起きたことが、彼の著書に綴られています。

 

”変化” する時、変化を牽引する者と、変化に背を向ける者現る、です。

 

これは最早、成長における ”必要条件” なのかもしれません。

 

”Challenge ! 2015Project” においては、変化につぐ変化の一年間となります。

 

変化につぐ変化の一年間には、様々なストレスにさらされたり、いくつもの壁が立ちはだかってくることも予想されますが、
決して後ろ向きにならず、変革を恐れず、常に挑戦する気概が大切になってくるものと考えます。

 

個々の個性と創造力、そして、地に足をつけた、着実な行動こそが、理想の実現へと組織を導いていきます。

 

『不可能だと思わない限り、人間は決して敗北しない。』

 

” デール・カーネギー ”

 

 

皆様方におかれましては、今年一年間、さらなるご健康と、ご多幸をお祈りいたします。

 

本年も、宜しくお願い申し上げます。

 

 

2015.1/1

 

Ryosuke Miyazaki

 

 

.

カテゴリー

人気記事ランキング

知っておくと便利な「Javascript」基...

恋するフォーチューンクッキー...

始まりの季節...

仕事は楽しい!...

爆発...

最新エントリー

Congratulations(...
連休明け~...
こんにちは♪...
一般事務・営業事務・経理事務 ス...
チョコよりバニラ派!...

アーカイブ